【高山病対策】雲南省秘境旅ー頭痛にならないためにすべき3つのこと

高山病 未分類

どーも!itoです。

中国人妻のルナとともに中国雲南省で暮らしています。

2020年8月にシャングリラ(標高3400m)に旅行に行ってきましたが、無事に高山病にもならずに帰ってくることが出来ました。

雲南省は全体で標高が高いですが、特に麗江、シャングリラなどは高山病になりやすいと言われる標高2400m以上に位置しています。

日本人の方は標高が低い場所から観光に来られる場合が多いと思うので、特に注意が必要です。

今回は高山病対策と雲南の高地観光の注意点を解説していきます。

高山病とは?

高山では空気が地上と比べて薄いため、概ね2400メートル以上の高山に登り酸欠状態に陥った場合に、さまざまな症状が現れる。 主な症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、眠気(めまい)である。他に、顔や手足のむくみ、眠気やあくびなどの睡眠障害、運動失調、低圧と消化器官の機能低下からくる放屁などが現れることもある。

Wikipedia

高山病対策のポイント3つ

高山病対策

高山病対策のポイントは3つ。

  • 気圧の低い環境に慣れる
  • 酸欠を防ぐ
  • 脱水症状にならないようにする

気圧の低い環境に慣れる

急激な標高差があると高山病になりやすいと言われています。

ハイペースで観光スポットを巡るのではなく、ときどき適度な休憩をとるようにすることが大切です。

酸欠を防ぐ

意識して深い呼吸をすること、睡眠時の酸欠を防ぐことが大切です。

シャングリラのホテルには酸素マスクが売っているので、不安な方は利用をおすすめします。

また、暖かい服を着て血流をよい状態に保つということも大切です。

脱水症状にならないようにする

水分補給

こまめに水分を補給することが大切です。

必要水分量(ml)はこのような式をもとに計算できます。

{体重+荷重}×行動時間×5

例えば体重が60キロの人が5キロのリュックを担ぎ、6時間行動したとすると。

{60+5}×6×5=1950(ml)

となり、約2リットルの水分を補給しなければならないことになります。

街中には500mlや1.5lの大きめのペットボトルも売っていますが、衛生のため加熱した水を飲みたいという方は大きめの水筒を用意してください。

水筒必須

ito
ito

ホテルで沸かしたお湯を水筒に入れていくという方法。特に冬季は暖かい飲み物があるといいよ!

雲南旅行のアドバイス

お寺が金ぴか

急激な標高差があると高山病になりやすいということですが、雲南省の著名な観光地の中ではもっとも標高が高いシャングリラは省都の昆明との標高差が1500m以上あるため注意が必要です。

この角度から考えると、定番のルートではありますが、

大理や麗江などで2,3日観光してからシャングリラに向かう方法がやはり無難と言えます。

シャングリラの位置と標高差

シャングリラ 3400m

麗江 2400m

大理 1900m

さらに昆明から麗江まで電車、麗江からシャングリラまでバスというように移動していけばより体が高度に順応しやすくなります。

ルナ
ルナ

飛行機で直接アクセスするより負担が少ないね。

おすすめは昆明から麗江までの寝台列車!!

新幹線であれば3時間で行ってしまう所を9時間かけて行ってくれます。

(夜間移動するので時間の節約にもGood!)

ブルートレイン

日本では寝台特
少なくなってしまいましたよね。。

でも、中国にはまだたくさんありますよ!

昆明から麗江の寝台は人気路線なので、気になった方は早めに(30日前から予約可)ゲットしてください。

昆明~麗江の寝台はこちらから予約できます↓

↑↑【注意
※夜10時ごろに昆明を出発する「硬卧」というのが寝台列車です。
1日1便しかありません!!

まとめ

今回は高山病対策と雲南の高地観光の注意点を解説してきました。ポイントは4つ。

  • 気圧の低い環境に慣れる
  • 酸欠を防ぐ
  • 脱水症状にならないようにする
  • 飛行機よりも電車、バスが無難

きちんと対策すれば、症状も軽く済むことがほとんどです。

しっかり対策して、秘境の旅を満喫してください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました